作業者

家に住む予定がないなら解体工事を行なう方が得

建物の解体

工事現場

名古屋で解体工事を依頼するときには、まず業者に現場調査を行ってもらい、見積もりを出してもらいます。現場の確認を行わずに見積もりを出してもらう事もできますが、調査は30分程度で済みますしトラブルの原因になるため、できれば現場調査を行ってもらう方が良いです。複数の業者から見積もりを取り、金額と解体工事の内容を比較して依頼する業者を決定します。名古屋で解体工事を行っている業者の中には、見積もりの詳細が書いていない事がありますが、そういった業者はトラブルになることが多いため、依頼するのは避けましょう。解体工事を依頼する業者が決まったら、事前準備として名古屋の業者は、近隣の住民へ依頼主と一緒に挨拶に回ります。建物の解体工事を行うときには振動や騒音など近隣住民に迷惑をかけるため、トラブルを防ぐためにも事前に挨拶をしておくことは大切です。また名古屋で解体工事をするときには、工事の準備として電気やガスなどのライフラインを撤去します。ライフラインの撤去は解体工事の業者は行わないため、それぞれの会社に自分で撤去するための手続きを行います。名古屋では隣家との距離が近い建物が多いため、解体工事を行うときには建物の周りに足場を組んで、粉塵を防ぐためにシートを張ります。解体工事は重機を使って行いますが、建物の状態によっては手作業によって解体する事もあります。解体工事で出た廃材は業者によって分別が行われ、木材とコンクリートなどに廃材を分けて処分場に持ち込みます。最後に地中に廃材が埋まっていないか確かめて、問題がなければ地面を平らに整地して工事の終了です。